Loading...
りゅうせき株式会社

メッセージ

代表取締役社長當銘 春夫

平素は、りゅうせきならびにりゅうせきグループに格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社は1950年、沖縄経済復興の情熱に燃える創業者・稲嶺一郎を中心に戦後初の民間石油供給会社として創業いたしました。以来、島嶼県がゆえに台風による生活基盤への影響が大きい本県におけるライフラインを担う企業として、創業者から脈々と受け継がれてきた「社業の公共性に徹する」という精神に基づき、エネルギーの安全かつ安定供給に努めてまいりました。それは、離島地域に点在する暮らしの一つ一つを支え続けることであり、産業振興のダイナミックな創造展開に活力を送り続けることであります。今後も企業理念である「地域と調和」「人間を信頼」「未来へ前進」のもと、その使命を将来にわたって全うし郷土の繁栄に役立つべく、不断の努力を重ねてまいります。

現在、エネルギー業界は、産油国の影響による原油価格の変動や、自動車をはじめとする機械設備の技術革新、代替エネルギーへの転換、石油製品の需要減少、電力・ガスの小売自由化など、変革の時代を迎えています。
このような環境の変化に対応すべく、中期経営計画「On your mark 2020 ~未来に向け力強いスタートを~」は2年目を迎えます。どのような環境の変化においても、未来を見据え、社会から信頼され選ばれる100年企業となるために、これまで以上に取り組んでまいります。

今年度の経営スローガンに「革新 ~心をひとつに変化への挑戦~」を掲げました。競争が激化し環境が著しく変化する今、私たちが発展し存続し続けるためには、全てを再構築し「革新」する必要があります。一人ひとりのアイディアを結集させ、変化に強い会社、むしろ変化を起こしていく会社となるよう、未来に向けて挑戦してまいります。併せて、法令遵守の徹底や内部統制システムの推進及び定着などCSR(企業の社会的責任)を推進してまいります。また、地域社会への貢献活動、事業継続計画への対応など、時代の変化に対応した企業価値の追求に向けて引き続き取り組んでまいります。

創業から今日まで、多くの皆さまのひとかたならぬご支援やご厚情をいただき、厚くお礼を申し上げます。今後とも安定供給と安全を絶対的な使命とするとともに、近未来のニーズを創造し、様々な価値を提供し続けて参ります。引き続き、倍旧のご懇意とお引き立てを賜りますよう、心からお願い申し上げます

このページのトップへ